家屋解体は専門業者に依頼しよう|見定め方を伝授

自宅を建て替えたい

重機

建て替えには手続きが必要

家屋を解体したいと考えた時、業者に頼めばすぐに解体できるというものではありません。実は工事を行う前に必要な手続きや申請がいくつかあります。それらが行われていないと工事がスムーズに行われない可能性もあるので注意が必要です。ではどのような手続きが必要かというと、まずは「ライフラインの停止」が必要です。電気、ガス、水道などのライフラインを止めないと工事ができないことがあります。しかし、工事の内容によっては水道が必要なケースもあるため、水道は止めないで欲しいと解体業者からお願いされることもあるので、事前に確認しましょう。それから道路上に作業車などを置いて作業をする場合は、「道路使用申請許可」が必要です。道路使用許可は、住んでいる兵庫県内の警察署に申請を行います。申請を行っていないと工事をストップされる可能性もあるので注意が必要です。また、建物リサイクル法の対象となる建物の解体工事を行う際には、兵庫県へ工事内容を申請しなくてはなりません。建物リサイクル法の対象となる建物は、床面積が80平方メートル以上の建物で、特定建設用資材を用いたものです。この申請は、工事を依頼した人が申請しなくてはなりませんが、解体業者にお願いすることもできます。これらの申請・手続きの他に、建物室内にある物の処分なども事前に行わなくてはなりません。粗大ごみは住んでいる兵庫県の自治体に事前に連絡して回収してもらうこともできますし、リサイクル業者などに引き取ってもらうこともできます。解体工事は事前の申請や手続きなどやるべきことが多くあります。兵庫県内の実績のある解体業者に依頼をするこで、どんな申請が必要なのかアドバイスを貰うことができるので、スムーズに解体工事を行うことができるようになります。